時代とともに変わる雛人形で桃の節句を飾り付けよう

販売、レンタルができる通販の使い方や魅力

時代と雛人形

時代により変わってきた雛人形

女の子が生まれると雛人形を買い求めて毎年3月3日の桃の節句に飾り付けるのは日本の伝統的行事となっています。7段飾りで15体の雛人形が正式なものになります。7段飾りは豪華ですが場所をとるため日本の住宅市場に合わせているのか現在はコンパクトなケースに入ったものが人気となっています。デパートなどの雛人形売り場でもケースに入ったコンパクトなタイプのものが売れ筋となっています。雛人形は決して安い商品ではないため孫のために購入をする、おじいちゃんおばあちゃん世代が買い求めるパターンが多く見受けられます。雛人形は一度購入すると買い替えなどしないものなので孫のために多少高価でも祖父母世代の財布のひもは緩むようです。

春を告げる役割もある桃の節句

雛人形は日本独特の文化ですが、最近は様子が変わってきています、ケースに入ったコンパクトなタイプのものが多く売れるようになってから外国人観光客が購入して持ち帰るパターンが増えているのです。外国の人は雛人形を飾る時期や意味が分からない人も多いのでインテリアとして購入し持ち帰る傾向が強いのです。外国人の購入者が雛人形を飾りとして部屋に置いたままの状態にしている様子を見ると日本人は違和感を感じてしまいます。雛人形は飾る時期が決まっている季節を感じさせるものです。節分の後に春が来ることを想像させる役割を果たします。桃の節句を女の子の為のお祭りだけではなく春が来たことを目で感じることができる日本人の伝統行事です。海外の人にもぜひ理解してほしい習わしです。

  • 素材と価格の関係

    ブレスレットや数珠といったアイテムは、運気を上げる効果があると評判です。素材にこだわった数珠は、素材の状況によって値段も大きく変わる為、高値になりやすい傾向があります。

    詳しく読む

  • 費用を抑える方法

    葬儀を挙げるにはいろいろな費用が掛かるものです。その費用を抑える為に、直葬を選ぶ人も数多くいるでしょう。告別式も行わず、直接、火葬場に遺体を運ぶので必要な費用が少ないのです。

    詳しく読む

  • 人口の流出

    昨今の日本では、人口の流出が激しくなり、都市部では人口が増える一方で地方では人口の減少が相次いでいます。そのため、遺品整理サービスを利用する人も多く存在しています。

    詳しく読む